スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lesson5 英会話教室との上手な付き合い方

ABCより大切なことセミナー
Lesson5

【このレッスンは文章のみです】
======================

<レッスンを受ける前に>
こちらをご確認くださいm(_ _)m
●レッスンの受講方法とサイトの説明●

======================
.:*O*:..:*O*:..:*O*:..:*O*:..:*O*:..:*O*:..:*O*:..:*O*:..:
■目次■
<Part5>「英会話教室との上手な付き合い方」
.:*O*:..:*O*:..:*O*:..:*O*:..:*O*:..:*O*:..:*O*:..:*O*:..:
======================
■レッスン資料■

▲レッスン用プリント
(レッスンを聞く前に写真をクリックして拡大版を見て下さい。



======================
★テーマ
「英会話教室との上手な付き合い方」
(文章のみ)


ABCセミナー修了まであとわずか!
英語に対して新たな考え方を持ったあなたは、
向かうところ敵なしです。

でもでも、ちょっとまって!!(>▽<)ノ

「どんな風に英会話を習得すればいいの?」という問題です。

ぶっちゃけ、英会話講師で生計を立てている私が、
こんな事を言ってもいいのかどうかわかりませんが・・・。

「なんでもいいです」

いままでのセミナーを確実に理解された方であれば、
どんな方法だって「英会話に失敗することはない」はずです。

しかし、人間ですので独学だと心が折れてしまったりします

そこで、今回は様々な英会話スタイルについてお話をしていきます。

教室に通うなら、こんな選択肢がざっとありますよね?
「日本人講師」「外国人講師」
「マンツーマン」「グループレッスン」

さて、どの組み合わせがベストでしょうか?

続きは、追記を読んでくださいm(_ _)_


英会話教室の選び方



何事にも、一長一短あります。
先ほども述べたように「心の向くまま」でよいと思います

それでは、カテゴリー毎に解剖していきましょうか♪

1講師: 「日本人講師」
     私自身は日本人講師です。
     「最近は外国人講師が主流なのに大変ね?」
     なんて同情されるんですが・・・(笑)
     実は、今「日本人講師」が見直されています

     セミナーの中でも軽く触れましたが、
     日本人講師「元は英語を話せなかった人」です。
     それが「英語を話せるようになる」までに
     何が必要で何が不必要か、
     これを熟知しているのが日本人講師です。

     言語レベルを上げるための良きアドバイザーとしての
     役割を果たします。
     
     生徒さんと同じ「母語」を持っているので、
     「苦手だったこと」や「苦労したこと」を理解しているのです。
     日本語と英語は全く違う言語ですから。
     その全く違う2つの言語に精通している というだけで、
     外国人講師さんとは情報量に差がつきます。

     なので、本当に初級なのであれば、
     基礎ができあがるまで日本人講師という
     考え方ができるのです。

     私自身も、生徒さんに基礎ができれば、
     外国人講師さんについて
     「もっともっと経験値をあげてくれ!」と
     アドバイスします。

     日本人講師のデメリットについては、外国人講師のところで
     お話します。

    「外国人講師」
    外国人講師のメリットは何といっても、
    その講師の持つ言語にたいする知識量です。

    言語学の世界にこんな研究結果がでています。

    「第2カ国語もしくはそれ以上の言語として、
     ある言語を習得し、どんなにレベルを上げたとしても、
     その言語に対する知識は、
     ネイティブスピーカー(その言語を母語とする人)のそれに
     達することは・・・ない


    どういう事かというと、生まれながらに英語をつかってきた
    外国人講師さんと、外国語として英語を学んだ
    日本人講師とでは、英語に対する知識に大きな差がでますよ。

    例えば、
    「秋祭り」と聞いて その言葉に感じる事というのは、
    その文化で育たなければ理屈で理解できても、
    ネイティブのように感じることはできません

    そのような知識です。
    しかし、正直コミュニケーションの手段を習う相手としては、
    日本人講師が劣っているというワケではありません

    外国人講師さんであれば、否が応でも英語を話さなくては
    ならない。という経験値に関しては上です。

    しかし、超初級から取り組むのであれば
    「絶対に心が折れない」という覚悟の元でのぞむべきです。

    実際私のところに来られる生徒さんは、
    「初級」って書いてあったのに、レッスンについていけなかった
    という方が非常に多いのです。

    外国人講師さんでも、日本語などの「ラテンベース」ではない
    他の言語を学んだ事のある方なら、信頼度は高いと思って
    間違いありません。

    「全く系統の違う言語を学んだ経験」は必ず生徒さんへの
    始動に反映されます。


2:レッスン体勢
    「マンツーマン」・・・初心者はマンツーマンだと得だと
    思っています。
    しかし、初心者の方にほど、グループレッスンを受けていただきたい。

    このセミナーでは何度も「経験値」というお話をしました。
    自分が話す機会が多くとれるのが、マンツーマンの利点の一つですが、
    他の方が話しているのを聞くのも大切な「経験」です。
    レッスンメイトの言ったことが理解できるのかどうか・・・。

    「グループレッスン」・・・グループだと恥ずかしいと
    思われる方がいらっしゃるかもしれません。
    しかし、このセミナーを聞いていれば、おわかりのように
    「教室」は「恥かき場」であり、「英語」は「自分の為」に習得しているのです。

    グループレッスンの利点は「マンツーマン」でとりあげました。

    発話回数が減ってしまうことを危惧される方があまりにも多いのですが、
    それって、「レッスンの時しか英語に触れたくありませんよ」という典型です。
    ABCより大切なことセミナーの
    「英会話講師は魔法使いじゃないんですけど?」に戻って下さい。

    レッスン中に発話の機会がなくても、練習の場はどこにでもあります。

    唯一グループレッスンのデメリットをあげるとすれば・・・
    「思い通りのレッスン内容」(カスタマイズされたレッスン)は
    受けられない。
ということです。

3:場所
    安くて良いところだったらどこでもいい。

    わからないでもありません。

    しかし!「継続」=「経験値の積み重ね」です。

    人間は面倒くさがりな生き物です。否定はさせません(笑)

    教室は必ず自分の生活動線上、生活圏内に見つけて下さい。    ここを変えるだけで継続率はぐんとあがります。

4:レッスンスパン

    出来たら、週に何時間でも受けたい!!!

    お気持ちは分かります。

    しかし、英会話教室ですることは、
    新しい情報を受け取る事と、
    少しだけそれを使って練習することです

    新しい情報を消化する時間が必要です。

    「頭でわかったつもり」では「道具」は使えません。
    「体が覚えた」レベルでやっと「道具」を使えます。


    レッスンとレッスンの合間には、ある程度の
    期間をおきましょう。

    レッスンのない日は前にならったことを何度も何度も繰り返すのです。
  

レッスンとレッスンの間

レッスンとレッスンの間に何をするか・・・。
ここで差が出るというのは、もうご理解頂けたと思います。
前にも言いましたが、「机に向かってする」のは「勉強」です。

テストにうからなくていいんだったら、
そんな時間を見つける必要はありません。

常に、こんな時英語でなんて言うのかな?
と思ったら携帯の辞書でもいいので、調べてみる。

レッスンで習ったフレーズはどんなところで使えるかを
シュミレーションしてみる。


そして何より大切な事は・・・・
習った英語を口に出して言う。

車の中でも良いです。
料理しながらでも良いです。
お風呂でも良いです。

言語は人の生活(つまり文化)に根付いたものですから、
日常生活で使うところだらけです。


英会話の練習は相手がいないとできないと
おもっていませんか?

ある文型を言えるようになるだけでよければ、
1人でできるんですよ。

レッスン料をムダにしないように、取り組んで行きましょう!!

=====================
お疲れ様でした(^▽^)ノ

セミナーは残すところあと3つ!!
終わった頃には、どんなあなたに変身しているのでしょうか♪

=====================
(c)2006 SATOKO KAMADA

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。